読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日ホーム ブログ

奈良県中南和の不動産売買の事ならお任せください

住宅ローン 金利 

住宅ローンの金利についてお話ししたいともいます。

住宅ローンの金利は大きく分けると、固定金利変動金利に分かれます

まず固定と変動の違いですが、固定金利について正確には全期間固定金利といわれるものがあります。これはわかりやすいと思いますが、当初の借り入れから最終返済まで金利がずっと変わらない。最長35年間ずっと同じ金利です。有名なところでフラットと言われる旧の住宅金融公庫などです。

次に変動金利ですが、実際多くの方はこの変動金利で借入されている方が、多いです。

変動金利については「毎月金利が変動する!?」「急激に金利が上昇して支払いができなくなる!?」などいろいろ思われていますが、この点について詳しく説明したいと思います。

まず金利について、現在ほとんどの金融機関が約2.5%前後金利で住宅ローンの貸し出しをしています。そこからお客様の内容、会社の内容、取引履歴など、銀行の審査によって約1~2%を引いた金利で貸し出してくれます。当初の借り入れの際の金利はその時の金利になります。

金融機関は原則年に2回金利の見直しをします。見直しによって金利が上下した際は、半年後に住宅ローンに反映されます。

反映はされますが、実際の月々の支払額自体見直しはされません

ではどうするか?ということですが、毎月の支払額の金利と元金の割合を調整します。

実際支払額に関しては5年に1回見直しがされます。仮に金利が上昇し続けていた場合5年に1回の見直しにより支払額が上がります。

ただし、この上げ幅にはルールがあり支払額の1.25倍までに収めるというルールがあります。 

例えば毎月10万円の支払いをされていた場合、最大でも12.5万円までしか上がりません。

まとめると金利の見直しは半年に1回ですが、支払いの見直しは5年に一回ということになります。

よく銀行のパンフレットなどを見ると2年・3年・5年・10年固定などと書かれていると思いますが、これは基本的には変動金利に一定の期間だけ特約で固定金利にします

という意味です。このような金利のことをよく短期固定という言い方をします。

この短期固定の注意点は一定期間の特約が終わると、その時点でその時の金利が適用になりますので、通常の変動金利の1.25倍のルールは適用されません。

将来の金利に関しては、誰もわかりませんが、その時々によって、不動産の営業、銀行員、税理士、などと相談され、最善と思われる方法をとられることがよいと思います。

次回はこの変動金利と全期間固定金利についてのどちらがいいのか?をお話ししたいと思います。

 

奈良県中南和の不動産の事なら朝日ホームへ

 

朝日ホーム

奈良県大和高田市旭北町6番23

TEL: 0745-53-3011 FAX: 0745-53-3611

E-mail:    asahi36@m4.kcn.ne.jp

ホームページ:http://www.asahi-home-nara.com/

Facebook:   www.facebook.com/asahihomu

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日

 

#朝日ホーム #不動産売買 #奈良県 #大和高田市 #住宅ローン金利 #変動 #固定