読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝日ホーム ブログ

奈良県中南和の不動産売買の事ならお任せください

住所と地番と家屋番号

本日は住所と地番について簡単にお話ししたいと思います。

みなさんが普段使われている○丁目○番地といういわゆる【住所】と言われるものは、正式には【住居表示】と言われるものです。

この住居表示は郵便屋さんが配達しやすくする為に作られた制度です。

これとは別に地番と言うものがあります。地番とは土地の番号です。(建物は家屋番号と言われます)権利関係を証明する番号になります。簡単にいうと権利書に書いてある番号です。

この地番と住居表示ですが、同じところも多くありますが、全然違うところもあります。一概には言えませんが、○丁目とついている所や大型の住宅地、マンションなどは住居表示と地番が違うところが多いように思います。

よくお客様からどちらが正解なのか?と質問されますが、”どちらも正解です”が間違えた方を書くとどちらも間違いになります。!!??

郵便物に地番を書くと郵便物は届きません! 法務局などに行って自宅の謄本を上げに行って住居表示を書くと、該当がありませんと言われるか、全然他人の土地の謄本を取得してしまう事になります。

では、住居表示を実施しているかどうかを調べる方法は??と言う事ですが、不動産を購入又は賃貸する際に重要事項説明というのがあります。大抵はその際に説明があります。また、住居表示を決めるのは市町村になりますので、各市町村で問い合わせをすると分かります。又、持ち家の方は固定資産税の支払明細には地番が記載されていますので、それで確認が取れます。 

通常、地番や家屋番号などは覚えておく必要はないと思います。必要な場が、不動産の売買や不動産を担保にお金を借りる、相続するなど、不動産を動かす時だけになると思います。

まれに不動産のお引き渡し後に、電気や水道の開栓の電話をしたら、その住所はありません。と言われた とお電話いただく事があります。(契約書に書いてある住所が間違っているといわれたり・・・) このような電話の9割は上記の住居表示と地番の勘違いによるものです。 ご注意を

 

PS,言い訳っぽいですが、ご購入の際の重要事項説明で必ずご説明させていただいているのですが、原則不動産売買の書類はほとんどが地番で書かれていますので、勘違いされることが多いようです・・・

 

 

奈良県中南和の不動産の事なら朝日ホームへ

 

朝日ホーム

奈良県大和高田市旭北町6番23

TEL: 0745-53-3011 FAX: 0745-53-3611

E-mail:    asahi36@m4.kcn.ne.jp

ホームページ:http://www.asahi-home-nara.com/

Facebook:   www.facebook.com/asahihomu

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日